お知らせのページには、ホームページを補足する情報(ページ左のMenu参照)と、子育てに関して日々気付いたこと(ページ左のRecently参照)を書いています。

 文字位置のずれなど表示上の問題が一部残っていることご了承下さい。

アレルギーに配慮した離乳食の進め方

  • 最初に与えたもので口の周りが赤くなったり発疹が出たりすることがありますが
    その食物のアレルギーとは限りません
  • 野菜は灰汁取りをし、魚は家庭での冷凍を避けましょう
  • 新たな食物アレルギーの成立を避けるため
    ・選択肢の多い食品(魚などの種類の多いもの)から開始しましょう
    ・米、野菜、肉類は食物アレルギーの頻度の低い食品です
    ・大豆製品は肉類を食べるようになってから開始しましょう
    ・主食は精白米を中心にして、小麦の主食は3回食になってから始めましょう

離乳の開始(5~6か月頃)
お粥から始めましょう。
お粥を上手に食べられるようになったら、野菜の種類を増やしていきます。
お野菜は茹でる、灰汁をとる、水にさらす、などの基本をしっかり守りましょう。
これは、灰汁による反応をアレルギーと間違えないようにするためです。

2回食になったころ(7~8か月頃から9~11か月頃)
2回食になったらタンパク質を与え始めます。
このころの蛋白源はお豆腐を与えがちですが、選択肢の多いお魚から始めるとアレルギーに配慮しやすく離乳食を進めやすくなります。
魚は鮮度が落ちるとヒスタミンというかゆみや発疹のもとになる物質が増えるため、鮮度に注意して与えましょう。
ささみや牛肉をすりつぶして与えてもよいでしょう(肉類のアレルギーは非常にまれです)。
魚や肉類をよく食べるようになったら、豆腐などの大豆製品を開始します。

3回食~離乳完了期(10~12か月頃から1歳半頃)
3回食まで進んだら卵を与え始めてみます。
固ゆで卵の卵黄のみから始めましょう。
徐々に量を増やし卵黄で症状が出なければ、よく加熱した卵白を少量始めてみます。
卵焼きやかきたま汁、茶碗蒸し、卵豆腐などは「半熟」と考え、加熱卵白が摂取できるようになってからにします。

3回食が軌道に乗ったら小麦を主食に与えてもよいでしょう。
小麦は卵・牛乳に次いでアレルギーの頻度が高いので最初は一口から、パンよりうどんから始めましょう。
(うどんは大丈夫でもフランスパンでアレルギーを起こすことがあります)
小麦の主食(パン、うどん、パスタ等)は一日一食以内が望ましいとされています。

— posted by kiyotoshi at 10:15 am  

この記事に対するコメントはありません





トップページへ
お知らせトップへ
prev
2014.8
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31