お知らせのページには、ホームページを補足する情報(ページ左のMenu参照)と、子育てに関して日々気付いたこと(ページ左のRecently参照)を書いています。

 文字位置のずれなど表示上の問題が一部残っていることご了承下さい。

経口補水の方法

現在、中等症以下の脱水では痛い思いをさせて泣かせて消耗させる点滴より
経口補水が主流となっています。

◆おうちで経口補水に使える飲み物◆
経口補水液
ソリタT3顆粒
ソリタT2顆粒
OS-1(オーエスワン)
アクアライトORS

イオン飲料
アクアライト
ポカリスエット
★市販のイオン飲料は薄める必要はありません。
★乳児の場合はアクアライトの方がよいでしょう。

100%果汁
アップルジュース
★アップルジュースは3倍程度に希釈してあげてください。

経口補水液の飲ませ方のコツ
  • 嘔気が強い時は飲ませても吐き気を刺激してしまうことがあります。
    医師の指示に従い、おなかを休める時間をとってください。
    2時間ほど吐かずにいるようなら補水を始めてみます。
  • コツは、少量を回数多く飲ませることです。
    ティースプーンなどを使い、少しずつ根気よく続けましょう。
  • 最初は5cc(ティースプーン1杯)から始めて、これを1~5分おきに飲ませてください。
  • あまり嫌がる場合は、無理強いはしないでください。
  • 一度にたくさん飲ませないようにしましょう。
    たくさん飲ませると吐いてしまい、かえって状態が悪くなることがあります。
  • 水分がおなかに収まり、吐く様子がなく、飲みたがるようであれば少しずつ量を増やしてあげてかまいません。
  • 母乳(ミルク)栄養児の場合は、母乳(ミルク)を少しずつ、何度も与えてください。
    その場合、無理に経口補水液に変更する必要はありません。
  • 食事は、水分が十分に取れて食べる元気が出てきてからで大丈夫です。

  • ときどき、「食事がとれないので点滴をしてください」と言われることがありますが、
    点滴液の組成は電解質と5%程度の糖分で、痛い思いをしても取れる栄養は経口補水液1本分と変わりません。

    それでも、「嘔気が強く、吐くとき」
    「目がくぼみ口の中が乾いてぐったりしているとき」は無理させずに病院へ。


    — posted by kiyotoshi at 12:33 pm  

    この記事に対するコメントはありません





    トップページへ
    お知らせトップへ
    prev
    2014.8
    next
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31