お知らせのページには、ホームページを補足する情報(ページ左のMenu参照)と、子育てに関して日々気付いたこと(ページ左のRecently参照)を書いています。

 文字位置のずれなど表示上の問題が一部残っていることご了承下さい。

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマはウィルスと細菌の間くらいの大きさと性質をもった病原体です。
マコプラズマ=肺炎というイメージが一般的ですが、
風邪、中耳炎、気管支炎など実に多彩な症状を引き起こします。
幼稚園、学校、職場、家庭など小さな集団で流行しやすく
「咳のしつこい風が流行っている」
「家族の誰かの咳がずっと長引いている」
といったときは注意が必要です。

症状
潜伏期は2週間くらい。
発熱があることも、ないこともあります。
乾いた咳をするようになり、だんだんひどくなって咳きこむようになります。
薬を3日ほど飲んでも良くならず、咳で眠れないなどの症状があるときはマイコプラズマを疑います。
軽症の場合、普段は元気で無症状です。
しかし、体を動かすと咳きこむ、冷たい空気を吸い込むと咳きこむ、夜寝ようとすると咳きこむ
といった症状が長引くときはマイコプラズマの可能性があります。

検査
マイコプラズマはのどを綿棒でこする迅速検査で簡単に診断できます。
通常発熱後(発症後)3~4日から陽性率が高くなります。
熱が出始めたばかり、咳が出始めたばかりだと検査をしても陰性になってしまうことがあります。

治療
お薬をしっかり飲めればほとんどの場合、通院で治療できます。
問題は、マイコプラズマに効果のある抗生物質(お薬)がとても不味いこと...
エリスロマイシン、クラリス、クラリシッド、ジスロマックが第一選択となりますが、どれも苦味が強く、飲みづらいお子さんも多いようです。
これがマイコプラズマの治療を遅らせてしまう要因の一つでもあります。
最近はこれらの薬に耐性を示すマイコプラズマも出てきていて、短期間ミノマイシンという薬を使ったり、オゼックスという薬(日本ではマイコプラズマに適応はありませんが海外では効果があることが確認され、よく使われています)を使ったりすることもあります。

経過
良くなってきても、ふとした拍子に咳き込むなどの気道過敏症状が数週間残ることがありますが、
発熱がなく元気であれば集団生活は普通に行って構いません。
生涯免疫はつかないので繰り返しかかることもあります。

— posted by kiyotoshi at 04:40 pm  

この記事に対するコメントはありません





トップページへ
お知らせトップへ
prev
2014.8
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31