お知らせのページには、ホームページを補足する情報(ページ左のMenu参照)と、子育てに関して日々気付いたこと(ページ左のRecently参照)を書いています。

 文字位置のずれなど表示上の問題が一部残っていることご了承下さい。

ノロウィルス感染症

11月から4月ごろが流行期ですが、年間を通して感染がみられます。

潜伏期
潜伏期間は24時間から72時間です。

症状
通常、嘔気・嘔吐に始まり、腹痛・下痢が起こってきます。
発熱はあっても軽度(37~38℃)のことが多いようです。

診断
簡単な迅速検査で診断することができますが、ノロウィルスの迅速検査の保険適応年令は3才未満です。
3才以上のお子さまの場合、自費で3000円の検査費用がかかります。
そのため、3才以上のお子さんでは周囲の流行状況や症状から「ノロウィルスの可能性」と診断されます。

治療
ノロウィルスの特効薬はありません。
嘔気、嘔吐、腹痛、下痢などの症状を和らげる対症療法が中心となります。

経過
ノロウィルスは発症も急激ですが経過も早く、通常2~3日で軽快してきます。

おうちでの看護
基本は胃腸風邪と同じです。
嘔気・嘔吐のひどいときはお腹をやすめ、少し落ち着いたら水分をこまめにとりましょう。
乳児の場合、母乳やミルクで大丈夫です。
下痢が始まったら、お尻が荒れないように気を付けてあげましょう。
食べる元気があれば消化の良いものを食べさせてあげてください。
また、ほかの家族に移らないように気を付けましょう。

予防法
石けんを使ってしっかり手を洗いましょう。
タオルなどを共用するのは避けましょう。
食品はしっかり加熱しましょう。
便や吐物は素手で触らず、ビニール手袋を着用して処理しましょう。
汚れ物の消毒には、市販の塩素系漂白剤を薄めたものを使用してください。

— posted by kiyotoshi at 04:56 pm  

 

溶連菌感染症

溶連菌感染症は、A群溶血性連鎖球菌という細菌の感染によって起こる病気の総称です。
秋から冬、初夏頃、の2つの流行の山が見られます。
潜伏期は2~5日で、2~14歳の幼児やこどもがかかりやすく、ピークは4~9歳です。
この年齢層のこどもの「のどが痛い風邪」の約15%は溶連菌だといわれています。

症状
発熱・のどの痛み・腹痛・嘔気・関節痛・かゆみを伴う細かい発疹・舌が赤くつぶつぶする「イチゴ舌」
など(これらの症状は見られないこともあります)。

治療
この病気は細菌によるものなので自然に治ることはありません。
治療の基本は抗生物質の内服です。
通常1~2日で熱が下がり症状は軽快してきますが、そこでお薬を飲むのを止めてしまわないでください。
溶連菌の場合、10日~14日抗生物質を飲み続け、しっかり除菌する必要があります
内服日数は7日説、10日説などありますが、7~10日では除菌し残している例が散見されます。
そのため当院では14日投与を基本としています。
溶連菌を除菌し残してしまうと、後から急性腎炎・リウマチ熱・アレルギー性紫斑病などの合併症を起こすことがあります
処方された抗生物質は、量や回数を守って、最後まで服用してください。

出席停止期間
溶連菌は学校伝染病で出席停止になります。
丸24時間抗生物質を飲めば他人にうつす力はなくなりますので、解熱し全身状態が良ければ登園・登校しても大丈夫です。

兄弟姉妹への感染
25%程度兄弟姉妹への感染が見られます。
兄弟姉妹が溶連菌にかかったときは家族みんなで手洗いうがいをしっかりし、のどが痛い時は早めに受診しましょう。

溶連菌後の検査
溶連菌後腎炎の心配の有無を確認するため、内服終了後尿検査にいらしてください。

— posted by kiyotoshi at 11:36 am  

 

あかちゃんの経皮アレルギー感作

アレルギーを作らないよう、乳児期のスキンケアを!
赤ちゃんのアレルギーの多くは、実は「経皮感作」であることがわかってきています。
乳児期の赤ちゃんのカサカサ・乾燥・肌荒れでバリアの崩れた状態の肌にアレルゲンが暴露し、体内でアレルギーを作ってしまう、という機序です。
近年、食物アレルギーが増加傾向にあります。
赤ちゃんをアレルギーから守るためにも、乳児期からのスキンケアを励行しましょう。

☆よく泡立てた石鹸の泡で洗いましょう☆
女性の洗顔時のようにふわふわの泡を作り、こすらないよう手で撫でるように洗うのがコツです。

☆お風呂から出たらすぐにスキンケアを☆
入浴後、10分ほどで肌は急速に乾燥し始めます。
お風呂から出てタオルで押さえるように軽く水分を拭ったら、すぐに保湿剤を全身に塗ってあげてください。
*ワセリンは肌を保護し、水分を守る作用があります。発汗を減らします。
*ヒルドイドは角質の水分保持機能を上昇させる作用があります。発汗を増やします。

☆朝起きたら赤ちゃんのお顔を拭いて保湿剤を塗ってあげましょう☆
赤ちゃんは小さなお顔に汗腺、皮脂腺は大人と同じ数だけあります。
汗や皮脂が時間が経って酸化すると肌を刺激し湿疹のもとになります。
大人が顔を洗うように赤ちゃんのお顔も拭いて、保湿をしてあげてください。

☆目標は見ても触ってもつるつるの肌☆
乾燥性湿疹がひどくなった時やかゆみが強くなったときは、炎症を抑えるためにステロイドの塗り薬が必要なことがあります。
ステロイドは怖いからと少し良くなったらやめてしまい、またぶり返す、を繰り返してしまうことがありますが、
炎症(赤みやぶつぶつ、かゆみの強い部位)が完全に良くなるまではしっかり使ってください。
ステロイドは正しく使えば肌ケアに必要な、怖くないお薬です。
当院で主に顔用に使っているステロイド混合剤を、赤ちゃんのお顔や身体に一年くらい塗り続けても皮膚にも成長にも全く心配ありません。

☆強い乳児湿疹や乾燥性湿疹はアトピーのことがあります☆
アレルギー素因があるかどうかの見極めや、必要によっては検査が大切です。

— posted by kiyotoshi at 10:12 am  

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマはウィルスと細菌の間くらいの大きさと性質をもった病原体です。
マコプラズマ=肺炎というイメージが一般的ですが、
風邪、中耳炎、気管支炎など実に多彩な症状を引き起こします。
幼稚園、学校、職場、家庭など小さな集団で流行しやすく
「咳のしつこい風が流行っている」
「家族の誰かの咳がずっと長引いている」
といったときは注意が必要です。

症状
潜伏期は2週間くらい。
発熱があることも、ないこともあります。
乾いた咳をするようになり、だんだんひどくなって咳きこむようになります。
薬を3日ほど飲んでも良くならず、咳で眠れないなどの症状があるときはマイコプラズマを疑います。
軽症の場合、普段は元気で無症状です。
しかし、体を動かすと咳きこむ、冷たい空気を吸い込むと咳きこむ、夜寝ようとすると咳きこむ
といった症状が長引くときはマイコプラズマの可能性があります。

検査
マイコプラズマはのどを綿棒でこする迅速検査で簡単に診断できます。
通常発熱後(発症後)3~4日から陽性率が高くなります。
熱が出始めたばかり、咳が出始めたばかりだと検査をしても陰性になってしまうことがあります。

治療
お薬をしっかり飲めればほとんどの場合、通院で治療できます。
問題は、マイコプラズマに効果のある抗生物質(お薬)がとても不味いこと...
エリスロマイシン、クラリス、クラリシッド、ジスロマックが第一選択となりますが、どれも苦味が強く、飲みづらいお子さんも多いようです。
これがマイコプラズマの治療を遅らせてしまう要因の一つでもあります。
最近はこれらの薬に耐性を示すマイコプラズマも出てきていて、短期間ミノマイシンという薬を使ったり、オゼックスという薬(日本ではマイコプラズマに適応はありませんが海外では効果があることが確認され、よく使われています)を使ったりすることもあります。

経過
良くなってきても、ふとした拍子に咳き込むなどの気道過敏症状が数週間残ることがありますが、
発熱がなく元気であれば集団生活は普通に行って構いません。
生涯免疫はつかないので繰り返しかかることもあります。

— posted by kiyotoshi at 04:40 pm  

 

経口補水の方法

現在、中等症以下の脱水では痛い思いをさせて泣かせて消耗させる点滴より
経口補水が主流となっています。

◆おうちで経口補水に使える飲み物◆
経口補水液
ソリタT3顆粒
ソリタT2顆粒
OS-1(オーエスワン)
アクアライトORS

イオン飲料
アクアライト
ポカリスエット
★市販のイオン飲料は薄める必要はありません。
★乳児の場合はアクアライトの方がよいでしょう。

100%果汁
アップルジュース
★アップルジュースは3倍程度に希釈してあげてください。

経口補水液の飲ませ方のコツ
  • 嘔気が強い時は飲ませても吐き気を刺激してしまうことがあります。
    医師の指示に従い、おなかを休める時間をとってください。
    2時間ほど吐かずにいるようなら補水を始めてみます。
  • コツは、少量を回数多く飲ませることです。
    ティースプーンなどを使い、少しずつ根気よく続けましょう。
  • 最初は5cc(ティースプーン1杯)から始めて、これを1~5分おきに飲ませてください。
  • あまり嫌がる場合は、無理強いはしないでください。
  • 一度にたくさん飲ませないようにしましょう。
    たくさん飲ませると吐いてしまい、かえって状態が悪くなることがあります。
  • 水分がおなかに収まり、吐く様子がなく、飲みたがるようであれば少しずつ量を増やしてあげてかまいません。
  • 母乳(ミルク)栄養児の場合は、母乳(ミルク)を少しずつ、何度も与えてください。
    その場合、無理に経口補水液に変更する必要はありません。
  • 食事は、水分が十分に取れて食べる元気が出てきてからで大丈夫です。

  • ときどき、「食事がとれないので点滴をしてください」と言われることがありますが、
    点滴液の組成は電解質と5%程度の糖分で、痛い思いをしても取れる栄養は経口補水液1本分と変わりません。

    それでも、「嘔気が強く、吐くとき」
    「目がくぼみ口の中が乾いてぐったりしているとき」は無理させずに病院へ。


    — posted by kiyotoshi at 12:33 pm  





    トップページへ
    お知らせトップへ
    prev
    2018.5
    next
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31